男女別顔脱毛の選び方

今の時代、顔の脱毛は男女関わらず身だしなみの一貫として当たり前になってきました。正しい知識を持って綺麗に仕上げる為にはどの様な方法が良いのかを提案します。

まず男女共通するのは脱毛方法です。エステサロンで扱うのはニードルか光脱毛です。ニードルは永久ですが、光は毛のダイエットと言われており永久ではありません。一方、医療皮膚科で扱うのはレーザーで光脱毛の強力バージョンで大体の人はほぼツルツルになれます。主流になってきているのは光とレーザーですが、毛質や肌の色によって向き不向きがあるので注意が必要です。

男性の場合髭を完全になくすのではなく薄くしたい方と形を整えたい方がいると思うのですが、その場合はレーザーを2回程度当てその後ニードルに移行するのがベストかと思われます。光脱毛の場合ヒゲの太さでは効かない毛が多いのでムラになったり、ただ毛が細くなるだけで本数が減らず、むしろ範囲が増える人もいるのであまりオススメできません。レーザーはある程度減らす事ができますが、好みの薄さになれない事がデメリットです。効果の出やすい人もいればなそうでない人もいるので1回照射毎に3ヶ月程度は様子を見た方が良いでしょう。バランスを整えたり、デザインする事は難しいのでそこはニードルに頼りましょう。

女性の場合、男性と違って毛質が細く皮膚も薄いので刺激の弱い物から試してみると良いでしょう。光で効果のある人も多いとは思うので3回程当て様子を見て減ってきたのを実感したら、6〜7回当てましょう。3回当てて効果が出ない様であればレーザーに切り替えても良いかと思います。男性の様にデザインしたり、薄く残したいという人は殆どいないと思うのでニードルはあまり必要ないかと思います。

最後に光とレーザーは毛の黒に反応します。肌が黒いとそちらに反応してしまい、毛に反応日なくなってしまうので脱毛する時期の日焼けは止めましょう。また、毛の茶色い人や白髪等には反応しないのでそこは予め理解が必要です。脱毛の仕組みを知ればコストを抑える事もできます。以上の内容があなたの脱毛サロン選びの参考になればと思います。